一姫二太郎が理想の家族構成なので男の子と女の子を産み分けしたいです

男の子の産み分けにチャレンジ

妊娠を望んでいて、そのために計画的に行動しているという女性は少なくないものです。その際に、どちらでも嬉しいけれどももし可能ならば男の子がいいとか女の子がいいという希望や願望というのを持っているという方も多く、赤ちゃんの性別の産み分けにチャレンジしつつ、しっかり妊娠しようと行動を起こしている方もけっこう多いものです。

男の子と女の子が生まれる確率というのは半々だと言われていますが、性交渉を持つタイミングを少し調整してあげるだけで、赤ちゃんの性別を意識的に望む方へ変化させることも可能になります。これを産み分けと言うのですが、この産み分けに重要なポイントとなってくるのが排卵日の特定と性交渉を持つタイミングだと言われてます。

一度の射精で放出された精子には男の子になるために必要なY染色体と女の子になるために必要なX染色体というのが含まれていますが、Y染色体を含む精子はスピードが速いと言われていますが短命で、逆にX染色体を含む精子はスピードではY染色体にはかなわないものの長生きでタフだと言われてますから、その点でいくと、スピード勝負で受精させるというのが重要になってくるとも言えます。

精子の寿命は3~5日程度と一般的に言われてますので、男の子の産み分けにチャレンジする上で重要なのは、排卵日当日もしくは前後1日程度の期間で性交渉を持つということだと言えます。

排卵日よりもあまり早い段階で性交渉を持ってしまうと、短命のY染色体は卵子に辿りつくことなく力尽きてしまい、X染色体が受精に成功してしまう確率が高くなってしまいますので、妊娠したら女の子だったということになりかねません。ですから、排卵日をしっかりと見極めて可能な限り排卵日当日に性交渉を行うように心がけることが大切です。

排卵日の予測というのは簡単なものではないですが、妊娠を望む女性であれば普段からしっかりと基礎体温をつけているかと思いますし、それを基に排卵日をおおまかに予測し、排卵検査薬などを使ってさらにその予測の精度を高めているかと思います。

排卵日の前後で性交渉を持つと妊娠する可能性というは高くなりますし、排卵検査薬でピークを迎えた時点で性交渉を持つと男の子を妊娠する確率というのはさらに高くなるものです。ですから、今書いたような点を踏まえて、排卵日当日もしくはその前後1日程度のところで性交渉を持つと、望み通りに男の子の産み分けを成功させられる可能性というのはぐっと高くなると言えます。

男の子と女の子の産み分けは、男の子の方が女の子よりも簡単だと言われてますから、男の子が欲しいという方の場合は、妊娠する可能性の1番高いと言われている排卵日当日を通常通りに狙うのが1番の方法と言えます。

産み分け情報

HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る